EXILE所属のLDHで死亡したメンバーまとめ!病気や不慮の事故も

EXILEも所属している芸能事務所LDHですが、EXILEをはじめたくさんのメンバーが活躍しています。しかし、そのメンバーにも病気や不慮の事故で死亡してしまったメンバーもおりファンにとっては非常に悲しい出来事となっています。そこで今回は、LDHで死亡してしまったメンバーをその原因とあわせてまとめてみました。

目次

FANTASTICS 中尾翔太

FANTASTICSの中尾翔太さんは、20187月に胃がんのため死亡しています。

FANTASTICS 中尾翔太の経歴

中尾翔太さんは3歳のころから母親の勧めでダンスを始め、ダンススクールへは特待生として通うこととなります。そして、2013年には日本テレビの24時間テレビでの高校生ダンス甲子園で優勝し注目を集めます。その後、201612月からFANTASTICSとして活動を開始します。しかし、2017年の年末に体調不良が続き、検査したところ若年性の胃がんだとわかります。

胃がんの治療専念も無念の死

中尾翔太さんは2017年年末に胃がんだと発覚すると、20183月に病気を公表し、治療に専念するために活動を休止します。このことにより、201712月に日本テレビの「スッキリ」への出演が最後のメディア出演となりました。そして、2018年の7月に所属事務所LDHから東京都内の病院で死亡したことが発表されました。22歳という早すぎる人生の幕引きでした。

俳優 野杁俊希

俳優の野杁俊希さんは、20231月に不慮の事故により死亡しています。

俳優 野杁俊希の経歴

野杁俊希さんは、祖母が女優の赤木春恵さん、父親が芸能事務所の「オフィスのいり」の社長をつとめる芸能一家に生まれます。東京都出身で、年を重ねていくと野杁俊希さんも芸能の道へと進み、文学座付属演劇研究所の49期として入所、演劇を学び、卒業公演では主役に抜擢されます。また、大河ドラマ「軍師官兵衛」や相棒シリーズに出演するなどの活躍をみせていました。

不慮の事故による死

野杁俊希さんは、2022年の1229日に、東京都内の飲食店を訪れた際に誤って階段で頭部を強打してしまい救急搬送されます。その後、集中治療室で治療を受けますが、2023年1月2日に死亡してしまいます。死因は、頭部打撲による脳出血のためと発表されています。このことをLDHも「共に同じ夢向かっていこうとしていた矢先の突然の出来事で遺憾に堪えません」と公式HPで伝えています。

プロサーファー 小川直久

プロサーファーの小川直久さんは、20235月にがんにより死亡しています。

プロサーファー 小川直久の経歴

小川直久さんは、1972年生まれの千葉県鴨川市の出身で、30年以上プロサーファーとして第一線で活躍し日本サーフィン界のカリスマとよばれていました。2001年にはハワイで開催されるマスターズの大会で、日本人初の満点を記録し、さまざまな波を乗りこなすサーファーオブザイヤーを7年連続含む合計8回受賞しています。日本サーフィン界を牽引してきた偉大なサーファーです。

大腸がん寛解も死亡

小川直久は、難病である潰瘍性大腸炎を患っており、その病気が悪化し2020年に大腸がんと診断されます。その後治療を乗り越え寛解し、サーフィンへの復帰を望んでいましたが、その想いは実らず2023年5月にがんのため死亡してしまいます。LDHもサーフィンへの復帰やオリンピック出場のサポートを意気込んでいたところの訃報を悲しんでいます。

まとめ

今回は、EXILE所属のLDHで死亡したメンバーをまとめました。病気や不慮の事故の死亡で、どのメンバーも亡くなるには早すぎる年齢でした。また、こういった芸能界では稀にメンバーの死亡説が噂され、サウシードッグ メンバー 死亡といった死亡説も流れていますので気になる方は参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次